忍者ブログ
続・Toshiの裏工作室
ブログ内検索
カレンダー
07 2018/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新記事
アーカイブ
最新TB
バーコード
お天気情報
[632]  [631]  [630]  [629]  [628]  [627]  [626]  [625]  [624
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ついに登山靴を買いました。
登山靴って言ってもいろいろあるんですが、日帰り登山がメインなので、いわゆるライトトレッキングブーツに分類される、比較的お手軽なタイプ。
アルパインブーツ>ライトアルパインブーツ>トレッキングブーツ>ライトトレッキングブーツ>ミッドカットトレッキングブーツ>ファストハイキングブーツと言った感じで分類されたりしますが、メーカーによって分類はさまざまですね。

登山靴は流石にブランドだけで選ぶわけに行かず、お店に行って足の形に合うものを選定して貰いました。
で、買ったのがこれ。


zamberlan(ザンバラン)というイタリアのメーカーですが、幅が広く、足先は薄く、甲が厚いという僕の足に一番合いました。サイズは42(26cm相当)。
ちなみに、MAMMUTは足先がちょっと細く小指が当たり、日本人の足に良く合うと聞いていたSIRIOはむしろ足先がブカブカでフィットせず、という感じでした。SCARPAも悪くはなかったのですが、zamberlanがちょっと良いという感じでした。

フィット感重視で選んだので、デザインとかも気にしませんでしたが、フツーの登山靴っぽくて良いですね。
ちなみに僕は自然に溶け込む感じで全体的にかなり地味です(^_^;)



ついにvibramソールゲット!
とは言っても、使った感覚では感動的なグリップという訳ではありませんでした。どんなブランドでも物理限界は超えられない。タイヤと同じです。



さらにフィット感を高めるため、superfeetのインソールを合わせて購入してみました。
こちらもお店でフィッティングして貰いましたが一番標準的なブルーになりました。
あんまり土踏まずが高くないようです。


足を置いたらこんな感じ。


早速、筑波山で試し履きして来ました。
不具合もなく良い感じです。
特に下山時の足先へのストレスが緩和されているように感じます。
シューレース(靴紐)を締めすぎたのか、足首にちょっと負担が掛かっていたように感じるので、そこら辺は良いあんばいを探ってみたいと思います。

あと気になったのがシューレースの長さ。
zamberlanでは150cmと175cmの2種類の長さのシューレースしか設定がなく、41サイズ以上の靴には175cmのシューレースが付属してくるようです。が、10cmぐらい余分に感じます。
まぁ、危なくはないレベルかとは思いますが、できればぴったりにしたいところです。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
忍者ブログ [PR]